むち打ち・骨折等による痛み・しびれの後遺障害等級認定のポイント

 

1.軽度神経症状の認定基準

  頚椎捻挫後の頚部痛・手のしびれ、腰椎捻挫後の腰痛・足のしびれ、骨折後の骨折部の痛み等の症状(軽度神経症状)が一定期間治療を受けても残ってしまうケースは数多くあり、自賠責保険の後遺障害等級認定実務上も最も請求の多い障害となっています。

  この軽度神経症状では、自賠法施行令別表第二12級13号、14級9号のいずれに該当するのか、もしくはいずれにも該当しない(非該当)のかが問題となります。12級13号と14級9号の規定および労災保険の認定基準は以下のようになっています。

 

【軽度神経症状の基準】

 

自賠法施行令別表二

労災保険の認定基準 

12級13号

局部に頑固な神経症状

を残すもの

通常の労務に服することはでき、

職種制限も認められないが、時

には労務に支障が生じる場合が

あるもの

14級9号

局部に神経症状を残す

もの

14級は12級よりも軽度のもの

 

2.等級認定のポイント

(1)12級13号

 上記の規定・認定基準からは、具体的にどのような場合に12級13号または14級9号に該当するのか明らかではありません。

 この点、自賠責保険の実務上、12級13号については、「他覚的に神経系統の障害が証明されるもの」という平成15年の労災保険認定基準改正前の取扱いを変更しておらず、残っている障害がX-P、MRI等の画像その他の検査結果により客観的に証明できるものが認定されます。

 より具体的には、例えば骨折後の疼痛の症状については、症状固定時における骨折部分の癒合状態の所見がポイントとなります。頚椎捻挫後の頚部痛・上肢のしびれの症状や腰椎捻挫後の腰痛・下肢症状については、症状と画像所見(神経圧迫所見の有無・その高位等)・神経学的検査所見(腱反射・知覚・筋力等)との整合性がポイントとなります。そして、この整合性の判断は、比較的厳密に行われているものといえます。

 

(2)14級9号

  14級9号については、従来、実務上統一的な判断基準がなく、同じ事案でも顧問医や担当者により結論が異なることが多くあり得る状態といえました。しかし、近年認定の均質化を図っており、医療機関の種類、治療期間、通院頻度、症状経過、予後所見、画像所見等を総合的に見て判断されています。  

 

(3)後遺障害非該当

 軽度神経症状について自賠責保険の後遺障害には明らかに該当しないと判断されてしまうケースがあります。下記がよく見かけられる例です。

 ・ 治療期間が数ヶ月と短い場合

 ・ 症状が事故日から数ヶ月経過してから発生した場合

 ・ 治療中断の期間が数ヶ月認められる場合

 ・ 症状固定時の症状が違和感程度と軽度の場合

 

 

【関連ページ】

 ◇損害保険料率算出機構とは

 ◇後遺障害等級認定のポイント 

 ◇交通外傷の基礎知識

 ◇治療先と後遺障害等級認定  

【関連情報・コラム】

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の基礎知識

 ◇むち打ち症・骨折等の治療の基礎知識

 ◇頚椎の経年性変化(加齢変化)の基礎知識

 ◇むち打ち症・脊髄損傷等の検査の基礎知識

 ◇椎間板ヘルニア等による神経根症の基礎知識

 ◇椎間板ヘルニアの基礎知識

 ◇バレー・ルー(バレリュー)症候群の基礎知識

 ◇頚椎後縦靭帯骨化症(OPLL)の基礎知識

 ◇腰部脊柱管狭窄症の基礎知識

 ◇胸郭出口症候群の基礎知識

 ◇むち打ちの治療費打ち切り

 ◇むち打ち症の他覚的所見(後遺症12級の要件)について

 ◇後遺障害等級認定業務の概要

 ◇しびれの症状と後遺障害等級認定 

 ◇労災保険と自賠責保険の後遺障害等級の違い

 ◇後遺障害の加重について

 ◇後遺障害の等級認定に対する異議申立について

 ◇後遺障害診断書の作成依頼のポイント

 ◇後遺障害診断書に記載される症状固定日について

 ◇後遺障害診断書の予後所見の記載について

 ◇後遺障害等級認定における症状の推移のポイント

 ◇後遺障害等級認定における医療照会について

 ◇最近のむち打ち症(頚椎捻挫)の後遺症認定の傾向

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)が長期化する要因について

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺症認定と治療期間について

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺症異議申立で申し立てる症状について

  ◇むち打ち症(頚椎捻挫)が交通事故で問題になりやすい要因

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の治療のポイント

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺症請求のポイント

 ◇後遺症の請求方法-被害者請求と事前認定-