むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺障害異議申立で申し立てる症状について

  交通事故によるむち打ち症(頚椎捻挫)の後遺障害の認定結果にご納得できないときには、通常は異議申し立ての手続きを行います。このときに一番お困りの症状に絞って申し立てすることをお考えのこともあると思います。

 しかし、後遺障害の回答文書を見ますと、一番お困りの症状を中心に申し立てるよりも、別の症状もあわせて、または別の症状を中心に申し立てた方が認められやすいことがあります。

 例えば、首の痛みと手のしびれが残ってしまい、いずれも後遺障害に該当しないという場合、手のしびれが一番お困りの場合でも、後遺障害の回答文書上、手のしびれについては発症時期が遅いことを理由に事故との因果関係が否定されていることがあります。この場合には、手のしびれを中心に申し立てをされるよりも、因果関係が否定されていない首の痛みも手のしびれと同じように申し立てされた方が認められることがあります。

 これはむち打ち症以外のときにも当てはまりますが、お困りの症状をどのように申し立てればよいのかという視点に加えて、後遺障害が認められやすい症状はないか、という視点も大切になります。

 このように、一番お困りの症状とは別の症状の方が後遺障害として認められることもありますので、できるだけ後遺障害の回答文書の内容もご確認いただいて、申し立てる症状についてご検討してみることも大切と思います。

  なお、異議申し立てをした結果、新たに後遺障害が認定されて、複数の後遺障害が認められた場合には「併合」という処理がされますが、等級自体は変わらないこともあります(例えば、首の神経症状:14級、腰の神経症状:非該当に対し、両方の症状ともに12級を求めて異議申し立てをしたところ、腰の神経症状は14級が認められたような場合)。この場合には、もし後日事故にあって、異議申立で新たに認められた部位に後遺障害が残り後遺障害請求をしても、加重に至らず後遺障害に該当しないこともあり得ます(後日、別の事故で腰を受傷し14級の認定を受けたとしても、前回事故で14級を受けていますので、後遺障害の支払いはなされないことになります)。

 このため、異議申し立てを行う際は、新たに後遺障害が認められたときに等級が上がる可能性があるかどうかの確認を、念のため行うことも必要と思われます。

 

(平成26年4月16日作成)

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害の等級認定に対する異議申立について

 ◇後遺障害等級認定業務の概要

 ◇後遺障害の加重について

 ◇後遺障害等級認定における症状の推移のポイント

 ◇後遺障害等級認定における医療照会について

 ◇むち打ち症の他覚的所見(後遺症12級の要件)について

 ◇最近のむち打ち症(頚椎捻挫)の後遺障害認定の傾向