自賠責保険と任意自動車保険

 自動車保険は、契約することが法律により強制されている自賠責保険と強制されていない任意自動車保険(任意保険)に大きく分けられます。任意保険はさらに、対人賠償責任保険や対物賠償責任保険などに分けられます。 

 交通事故にあった場合には、ご自身が契約している任意保険会社に事故状況等を報告するとともに、ご契約内容、保険金の支払可否・算定方法、保険を使用した場合における翌年の概算保険料等を確認することが大切です。

 各保険の概要は次のとおりです。任意保険につきましては、被保険者(補償を受けられる方)、補償内容および免責事由(保険金が支払われない場合)等をパンフレット・約款等でご確認ください。 

 

1.自賠責保険

  自賠責保険は、自動車損害賠償保障法に基づき被害者保護を図るためにすべての自動車(原動機付自転車を含む)に契約が義務付けられている強制保険です。対人賠償(他人の人身損害への賠償)のみを対象としており、被害者1名あたりの支払限度額が決まっています(死亡3000万円、後遺障害等級14000万円〜1475万円、傷害120万円)。また、ひき逃げまたは無保険車により受傷した被害者を救済するために、「政府保障事業」という制度が設けられています。 

   

2.任意自動車保険

(1)相手方に賠償する保険

 @対人賠償責任保険

   対人賠償責任保険は、ご契約のお車の事故により他人を死傷させた場合に、法律上の損害賠償責任を補償する保険です(自賠責保険部分を除きます)。また、相手方が死亡または病院等に一定期間入院した場合には、対人臨時費用保険金が支払われます。

    

 A対物賠償責任保険

  対物賠償責任保険は、ご契約のお車の事故により他人の車その他の財物を損傷させた場合に、法律上の賠償責任を補償する保険です。

   

 B対物超過修理費用特約

   対物賠償責任保険で補償する事故で、他人の車の時価額を超える修理費が発生し、補償を受けられる方がその差額分を負担する場合に、一定期間内に修理を行ったときに限り、差額分の修理費に補償を受けられる方の過失割合を乗じた額が支払われる保険です。

 

 C他車運転危険担保特約

 保険証券記載の補償を受けられる方やそのご家族が、借りたお車を運転中の事故でも、借りたお車の保険に優先して、ご契約のお車の保険からご契約内容に応じて支払われる保険です。

    

(2)ご自身を補償する保険

 @人身傷害補償保険

   人身傷害補償保険は、自動車事故やその他の交通事故等により、補償を受けられる方が受傷・死亡された場合や後遺障害を被られた場合に生じる治療費・休業損害・精神的損害・逸失利益・介護料・葬祭費等について、ご自身の過失割合に関係なく、補償を受けられる方1名につきご契約金額を限度に、実際の損害額が支払われる保険です。

   

 A自損事故保険 

   自損事故保険は、電柱との衝突や崖からの転落などの単独事故等によって、運転者等の自賠責保険等で補償されない方が受傷・死亡された場合や後遺障害が残った場合に、一定額が支払われる保険です。 自賠責保険等または人身傷害保険の保険金が支払われない場合に補償対象となります。

    

 B搭乗者傷害保険

   搭乗者傷害保険は、ご契約のお車の事故により、乗車中の方(運転者を含みます)が、受傷・死亡された場合や後遺障害が残った場合に、補償を受けられる方1名につきご契約金額に基づいて、一定額が支払われる保険です

  

 C無保険車傷害保険

   無保険車との事故で、被害者が死亡または後遺障害を負った場合に、相手方から十分な賠償が得られないときに、相手方が負担すべき損害賠償額のうち自賠責保険等の保険金を超える部分を補償する保険です。

  

(3)お車を補償する保険−車両保険−

   車両保険は、事故によりご契約のお車に生じた損害に対して支払われる保険です。補償の範囲が広いタイプと補償の範囲を限定するタイプの2種類あるのが一般的です。

  

 

【自動車保険約款等】

 ◇東京海上日動火災社

 ◇三井住友海上火災社

 ◇損保ジャパン社 

【関連情報・コラム】

 ◇搭乗者傷害保険の請求について 

 ◇自動車保険金請求と等級ダウン・等級据え置きについて