後遺障害診断書の作成依頼のポイント 

 交通事故で治療を継続してもなかなか治らないため後遺障害の請求をする場合には、後遺障害診断書という書面を提出する必要があります。

  後遺障害診断書は、後遺障害の等級を決めるうえでとても重要な資料になりますので、どの医師に、どのタイミングで書いてもらったらよいのか、とか、不利なことは記載されないかなどいろいろ心配ごとが出てくるかもしれません。 また、このようなことを考える間もなく、損保会社のペースですべて進んでしまったというケースもあるかもしれません。

  大切なのは、できるだけご本人の症状に対する認識と担当した医師の認識を一致させて、それをもとに後遺障害診断書を作成してもらうことのように思われます。

 担当医師にまかせてしまった場合には、自分で思っていたよりも軽い症状で記載されたり、訴えていた症状や所見が記載されていないケースもありえます。

  一般に医師は忙しく、治療に専念していますので、後遺障害診断書等の書面を作成することは内心ではさほど重視していないと思われます。

   このため、できれば最初に後遺障害を請求する段階で、医師に作成してもらう後遺障害診断書等の書面の内容を確認して、実態と異なるようでしたら、その旨をお話しして修正してもらう必要性もあるかもしれません。 

 

 

【関連ページ】

 ◇損害保険料率算出機構とは

 ◇後遺障害等級認定のポイント

 ◇治療先と後遺障害等級認定

【関連コラム】

 ◇後遺障害の等級認定に対する異議申立について

 ◇後遺障害診断書に記載される症状固定日について

 ◇自賠責保険の認定(回答)文書について

 ◇健康保険使用時の後遺障害診断書の作成について

 ◇後遺障害診断書の予後所見の記載について

 ◇むち打ち症の他覚的所見(後遺症12級の要件)について

 ◇後遺障害等級認定における症状の推移のポイント

 ◇「危ないお医者さん」という本を読んで

 ◇交通事故後の関節可動域制限(関節機能障害)の留意点について