治療先と後遺障害等級認定

 交通事故でケガをした場合に、どこで治療を受けるかは大切な問題です。治療をどこで受けるかにより、治療内容や症状の回復状況に違いが出ることがあるだけでなく、後遺障害の等級認定や傷害慰謝料の額にも違いが出てくることがあるからです。このため、治療先は慎重に選ぶことが大切になってきます。

   

1.後遺障害等級への影響

1)治療先の選定

 後遺障害の等級認定実務では、治療をどこで受けたのかが重要なポイントになることがあります。具体的には、治療は病院で受けたのか、病院はどのような病院か、どの診療科か、治療は何をしたのか…などです。

 その確認は損害保険料率算出機構の顧問医と事案の担当者が行っています。顧問医の多くは大学病院・労災病院・国公立病院に勤めていますので、究極的には顧問医のいる病院でしっかり治療をしてもらい、それでもなお一定の症状が残ってしまった場合には後遺障害診断書を作成してもらい、その所見に基づいて後遺障害の等級認定を受けることができれば最も望ましいです。

 しかし、実際には顧問医は公表されていませんので、ケガの内容が重い方や症状がなかなか回復せずに困っている方は、可能であれば、大学病院・労災病院・国公立病院等の医療機関で治療を受けることが望ましいです。

 基本的には、しっかりした病院で専門医による治療を受け続けて、それでもなお一定の症状が残ってしまった場合には、その障害に対してしっかりと後遺障害の等級認定をする必要がある、という考え方のように思われます。

 なお、やむを得ず転医をされるときには注意が必要となります。転医されるまでに一定の期間があいてしまった場合には因果関係が認められなくなったり、転医先では最初から怪我の状態を診ていないので事故との関係等について明確に分からないと言われたりすることがあるためです。このため、転医されるときにはできるだけ紹介状があることが望ましいと思われます。

 

2)担当医師との信頼関係

 後遺障害の等級認定で重要な資料になる後遺障害診断書などの文書は、担当の医師に作成してもらうことになります。

 治療の当初から担当の医師を信頼して、残っている症状や疑問点を過不足なく話し、できるだけ納得のいく説明と適切な治療を受けていくことが症状の回復だけでなく、上記の文書を作成してもらう際にも大切になってきます。

 大抵の医師は、患者の方の症状の回復を第一に考えてベストを尽くしていると思います。その医師の治療を十分に受けても一定の症状が残ってしまった場合には、しっかりした後遺障害診断書等の文書を作成してもらえる可能性が高いといえます。

 このように、医師との信頼関係は、治療以外の場面でも大切になってくることがあります。

 

2.傷害慰謝料への影響

 自賠責保険における傷害慰謝料は、原則として、「14200円×治療期間の範囲内で実治療日数の2」で計算されます。

 しかし、あんま・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師の施術を受けた場合については、「14200円×実施術日数」で計算されますので、病院や整骨院等で治療・施術を受けた場合に比べて半分の額になります。

 ただ、できるだけ早くケガが治ることが最も大切なことだと思います。「鍼灸等での施術が自分には一番合っている」という方もいらっしゃいますので、ご自身に合った治療・施術を受けることが大切になります。

 

 

【関連ページ】

◇損害保険料率算出機構とは

◇後遺障害等級認定のポイント

◇診療録(カルテ)の基礎知識

【関連情報・コラム】

◇むち打ち症・骨折等の治療の基礎知識

◇後遺障害の等級認定に対する異議申立について

◇後遺障害診断書の作成依頼のポイント

◇後遺障害(後遺症)の請求もれについて 

◇健康保険使用時の後遺障害診断書の作成について

◇後遺障害診断書に記載される症状固定日について

◇後遺障害診断書の予後所見の記載について

◇後遺障害等級認定における症状の推移のポイント

◇「危ないお医者さん」という本を読んで

◇『「医師アタマ」との付き合い方』という本を読んで

◇後遺障害等級認定における医療照会について 

◇むち打ち症(頚椎捻挫)が長期化する要因について

◇むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺症認定と治療期間について

◇交通事故後の関節可動域制限(関節機能障害)の留意点について

◇むち打ち症(頚椎捻挫)の治療のポイント

◇むち打ち症(頚椎捻挫)治療時の医師のやりとりのポイント

◇薬の基礎知識

◇医師の診断と自賠責保険の後遺障害認定とのギャップについて

◇むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺障害回答文書の分析(非該当のケース)