後遺障害診断書に記載される症状固定日について

 後遺障害診断書に記載される症状固定日は、損害賠償上、とても大きな意味を持っています。

 症状固定とは、これ以上治療を継続してもその効果が期待できない状態で、残った症状が自然的経過によって到達すると認められる最終状態のことをいいます。この言葉は医学用語ではなく、労災保険の認定基準でこのように定義されています。

  症状固定日が損害賠償上持つ意味として、下記のようなものがあります。

  ・症状固定後に生じる治療費は基本的には賠償されない。

  ・症状固定後に生じる休業損害は基本的には賠償されない。

  ・症状固定後の通院は基本的には傷害の慰謝料に反映されない。

 

 このように症状固定日をいつにするかは賠償額に大きな影響を与えます。このため、特にむち打ち症等の場合には、損保会社は治療をできるだけ早く終了させようとします。

 症状固定後に生じる損害は後遺障害による損害(逸失利益、慰謝料など)として賠償されますが、後遺障害等級が認定されなければ傷害による損害しか賠償を受けられません。

 また、症状固定日をいつにするかは、後遺障害の等級認定上も治療期間という観点からとても重要な意味を持ってきます。傷害の内容・程度によって異なりますが、あまり期間が短い場合には治療が不十分と見られることもあります。

 このように症状固定日はとても重要な意味を持ちますので、担当の医師(場合によっては行政書士等)とよく話しをして、できるだけ慎重に決めることが大切になります。

 

 

【関連ページ】

 ◇損害保険料率算出機構とは

 ◇後遺障害等級認定のポイント

 ◇傷害による損害

【関連コラム】 

 

 ◇損害調査業務の活動指標

 ◇むち打ちの治療費打ち切り

 ◇後遺障害等級認定業務の概要

 ◇後遺障害の等級認定に対する異議申立について

 ◇後遺障害診断書の作成依頼のポイント

 ◇後遺障害診断書の予後所見の記載について

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺障害認定と治療期間について