むち打ち症(頚椎捻挫)治療時の医師とのやりとりのポイント

 交通事故によるむち打ち症(頚椎捻挫)で症状に見合った適切な賠償を受けるには、ご通院先の医師とのやりとりが大切になることがあります。

 それは、医師の所見が治療期間(症状固定時期)や後遺障害等級認定などに大きく影響することがあるからです。

 医師が保険会社からの照会に対して、「まもなく症状固定」、「〇月頃治療終了」などと回答しますと、その回答に基づいて保険会社も対応してくることもあるでしょうし、また、医師から「後遺症にならない」などと言われてしまいますと、後遺障害の請求も認められることは難しくなってくると思います。

 主治医の先生が後遺障害の等級認定を行うわけではありませんが、実質的には最初の後遺障害等級認定の役割を担当しているといっても過言ではありません。

 医師とのやりとりは、医師の多忙さ、むち打ち症や保険請求への考え方などから難しいこともありますが、できるだけスムーズに医師とやりとりするために、下記の点がポイントとして考えられます。


〇病院をあまり変えないこと

 病院を簡単に行くつも変えることは、医師からよい印象を持たれないことが考えられます。医師から「途中からの通院だからよく分からない」などと言われ、協力を得られないこともあり得ます。また、転院前の医師にも保険会社などから医療照会(問い合わせ)されることがありますので、あまり良い回答がなされなかったり、前の病院の医師の所見と一貫性が認められないことがあり得ます。

〇病院を変えるときは、できるだけ紹介状を

 ご通院先が不便等のご事情があって転院するときは、できるだけ転院前の医師に紹介状を作成してもらう方が、次の医師にスムーズに引き継げると思います。

 接骨院や鍼灸での治療を受ける際も、可能でしたら、あらかじめ医師にご相談しておくことが望ましいです。

〇医師の説明内容等をよく聞いておくこと

 医師が一度説明した内容は、後になっても変えないことが多い印象があります。医師の説明内容がご自身に有利な内容でしたら、後で診断書の作成をお願いする際に、その内容を記載してもらえる可能性が高いといえます。

 仮に不利な内容と思われる説明でも、第三者から聞くと、そう解されないこともありますので、ご自身で決めつけず専門家にご相談することが良いと考えます。

 

〇できるだけ医師に理解してもらえるように話すこと

 医師には症状のほか、事故の状況も話しておくことも大切です。症状が複数ある場合には、どのような症状がいつ頃から現れたかをメモにして渡しておくと、医師にも漏れなく伝わると思います。

 

〇治療の考え方

 被害者の方は症状の改善、さらには完治を目指して治療を続ける一方で、医師も同じ考えで治療を行うと思います。しかし、ある程度の間治療を続けても、あまり状態が変わらず治りそうもないと思ったときには、あまり深刻に考えずに後遺障害の請求を意識するということでやむを得ないと考えます(事故は様々なことが影響しており、事故の問題が解決した後に良くなることもあります)。

 希望する医療機関等で自由に治療を受けたいというお気持ちもあるかと思いますが、適正な賠償を受けるためにとりあえず今の病院では我慢して治療を続け、事故の問題が解決してから落ち着いて希望する医療機関等で治療を受ける、と割り切ることも大切になることがあるように考えます。

  

以上

(平成26年4月7日作成)

 

【関連ページ】

◇むち打ち症(頚椎捻挫)の基礎知識

◇むち打ち等による痛み・しびれの後遺障害認定のポイント

◇後遺障害等級認定のポイント 

◇むち打ち症・骨折等の治療の基礎知識

◇むち打ちの治療費打ち切り

◇後遺障害診断書に記載される症状固定日について

◇治療先と後遺障害等級認定

◇むち打ち症(頚椎捻挫)が長期化する要因について

◇むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺症認定と治療期間について