むち打ち症(頚椎捻挫)の基礎知識

  交通事故では衝突による衝撃で、首に損傷を受けてしまうことが多いです。

 衝撃の大きさによっては、首の筋肉や靭帯だけでなく、神経(脊髄や神経根)も損傷を受けてしまう場合があります。

 一般に首の損傷は、症状に基づいて、下記の3つのタイプに分けられると言われています。

  @頚椎捻挫型

  A神経根症型

   B脊髄症(脊髄損傷)型

 ここでは、首に受けた損傷の9割以上を占めると言われる「@頚椎捻挫型」の診断のポイント、症状の特徴および治療方法の概要、そして、後遺障害等級との関係について記載します。

 

1.頚椎捻挫とは

 首を固定する筋肉と靭帯の損傷を主体とするものです。

  

2.頚椎捻挫の診断

  診断のポイントとして、@医師が診察してはっきりした神経症状(知覚や筋力の低下など)はないが、手足のしびれ・だるさ等の自覚症状を訴える、AX線所見上、頚椎に骨折・脱臼がないこと。また亜脱臼を呈するような明らかな頚椎の異常可動性がないことが挙げられます。

  

3.頚椎捻挫の症状

   自覚症状が中心となり、以下のものが認められます。

 @痛み:頚部後面、頚部前側面、頭部、頚椎

 A頚〜肩甲上部〜背部の筋肉の凝り

 B頚部運動制限と運動時痛

 Cそのほかの症状:上肢のだるさ・しびれなど

  

4.頚椎捻挫の一般的な治療

 (1)急性期(事故〜1ヶ月)

 ・頚部の安静、ポリネック固定

 ・薬物療法:消炎鎮痛剤、筋弛緩剤、精神安定剤など

 ・処置:冷湿布、局所ブロックなど

 ・物理療法:温熱療法など(3週〜)

 

 (2)亜急性期(13ヶ月)

 ・頚部の運動療法

 ・物理療法:温熱療法、牽引など

 ・神経ブロック

 ・薬物療法:急性期とほぼ同様。精神安定剤への依存から脱却準備。

 

 (3)慢性期(3ヶ月超)

 ・全身的調整:筋力増強訓練、耐久力増強、集中力訓練

 ・心理分析、心理療法

 ・社会的問題点の整理:加害者との関係、職場との調整など

  ・薬物療法:亜急性期と同じ  

 

5.後遺障害等級との関係

 「頚椎捻挫型」の場合には、自覚症状が主体であり、他覚的な所見が乏しいですので、14級9号に該当するかどうかが問題となります。

 

参照:各種医学書

 

 

【参考ホームページ】

 ◇日本整形外科学会

 ◇日本脊椎脊髄病学会

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント  

 ◇むち打ち等による痛み・しびれ(軽度神経症状)の等級認定のポイント

 ◇交通外傷の基礎知識

【関連情報・コラム

 ◇首(頚椎)の構造 

 ◇頚椎の経年性変化(加齢変化)の基礎知識

 ◇むち打ち症・骨折等の治療の基礎知識

 ◇むち打ち症・脊髄損傷等の検査(画像・神経学的検査)の基礎知識

 ◇むち打ちの治療費打ち切り

 ◇しびれの症状と後遺障害等級認定 

 ◇むち打ち症の他覚的所見(後遺症12級の要件)について

 ◇椎間板ヘルニア等による神経根症の基礎知識

 ◇最近のむち打ち症(頚椎捻挫)の後遺症認定の傾向

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)が長期化する要因について

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺障害認定と治療期間について

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺障害異議申立で申し立てる症状について

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)が交通事故で問題になりやすい要因

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の治療のポイント

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺障害請求のポイント

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)で様々な症状が現れる原因 

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)と因果関係のある症状について