「物理療法」の用語の意味

物理療法(ぶつりりょうほう、physical therapy)

 物理療法とは、物理刺激に対する生体の反応を利用して機能の活性化を図る治療法をいい、痛みのコントロールを主な目的としています。

 物理刺激として、温熱、電流、電磁波、高周波、コロナ放電、レーザー、光線、水、超音波、低出力の衝撃波などが挙げられます。

 

【関連ページ】 

◇むち打ち症(頚椎捻挫)の基礎知識