むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺障害請求のポイント

 交通事故による自賠責保険の後遺障害認定は書面審査になりますので、診断書などご請求時に提出する医師が作成する文書の内容は大切になります。

 特にむち打ち症(頚椎捻挫)の後遺障害請求では、診断書等に後遺障害が認められにくくなるような記載がありますと、実際には事故の症状で苦しんでいる場合でも、自賠責保険の後遺障害として認められないことがあります。

 実際に事故の後遺症で苦しんでいる被害者の方からすると、揚げ足を取られているようにも感じられるかもしれませんが、特にむち打ち症では後遺障害のご請求をされる方が非常に多く、すべての方に対して後遺障害認定できないことが主な要因と考えられますので、無理のない可能な範囲で不利な扱いを受けないようにすることも大切になります。

 後遺障害が認められにくくなる主な所見や治療状況として、下記が挙げられます。

・後遺障害診断書の自覚症状が、痛みがあるのに「違和感」などと軽めに書かれている

・後遺障害診断書の予後所見が、「回復の見込みあり」などと書かれている

・診断書の傷病名・症状が一貫していない(途中から新たな傷病名や症状が現れている場合など)

・診断書に、症状が軽減していることが書かれている

・治療先が接骨院中心になっている

・治療を受けていない期間が何ヶ月もある

・通院日数(通院頻度)が少ない

 

 上記のような不利な扱いを少なくするには、事故当初に受診した病院(整形外科)に通い続けることも方法の一つと思います。診察のときには、医師の考えや説明内容等(むち打ち症に対する考え、画像所見、症状の見通し等)を把握しておくことも大切になります。

 また、事故後半年ほどの段階であまり良くなりそうもなければ、治すための治療から後遺障害認定を意識した治療に考えを切り替えることも大切になるように思います(例えば、ご自身の希望する接骨院中心の治療(施術)は、治すのに適した治療と言えるかもしれませんが、後遺障害認定に有利になる治療とは言い難いです)。

 このように、むち打ち症に限りませんが、被害者の方にとって有利になる可能性のある所見等だけでなく、不利になる可能性のある所見等を把握しておくことも、後遺障害請求や異議申し立てをするうえで大切になります。

 

 (平成26年5月20日作成)

 

 

【関連ページ】

◇治療先と後遺障害等級認定

◇むち打ち症(頚椎捻挫)の基礎知識

◇むち打ち症・骨折等の治療の基礎知識

◇バレー・ルー(バレリュー)症候群の基礎知識

◇むち打ちの治療費打ち切り

◇後遺障害診断書の作成依頼のポイント

◇最近のむち打ち症(頚椎捻挫)の後遺障害認定の傾向

◇むち打ち症(頚椎捻挫)の後遺障害認定と治療期間について

◇むち打ち症(頚椎捻挫)が長期化する要因について

◇むち打ち症(頚椎捻挫)が交通事故で問題になりやすい要因

◇むち打ち症(頚椎捻挫)の治療のポイント