むち打ち症(頚椎捻挫)で様々な症状が現れる原因について

 交通事故でむち打ち症(頚椎捻挫)を受傷したときに、首の痛みのほかに様々な症状が現れてしまい、つらい思いをしていることについて周囲の人に理解されにくいことがあります。

 このように頚部への受傷で様々な症状が現れる原因について、首には頭部や上肢に行く重要な神経や血管が通っているため、と言われています。首の神経や血管に刺激・圧迫・損傷などを受けますと、その神経や血管が支配する領域すべてに関連する症状が現れてしまってもおかしくないということになります。

 特に自律神経の1つである交感神経は、身体への様々な刺激(温度、湿度などの環境の変化、肉体や精神の疲労によるストレスなど)に対して外界への対応を積極的に行うように諸臓器を活動させる神経で重要なものですが、首には交感神経の根元ともいう交感神経節がいくつもあり(これらのうち一番大きいものが星状神経節)、事故で交感神経に刺激等を受けますと、めまい、耳鳴り、難聴、眼の調節障害、かすれ声等の様々な症状が現れてしまうことがあり得ることになります。

 また、首を通る血管である椎骨動脈も、脳(小脳・脳幹部)を栄養する動脈の1つで重要なものですが、首の受傷により椎骨動脈が損傷・圧迫等を受け血流不全などになる場合にも、交感神経の異常と同じような様々な症状が現れることがあります。

 このように頚部への受傷では、首に重要な神経・血管があることにより様々な症状が現れることがあります。現れた症状については症状の出現時期とあわせて、できるだけすべて医師に伝えて(言葉で伝えづらいときはメモなどで)、耳や眼などの症状が続くようでしたら、各専門医に一度診ていただいた方がよいと思います。

 

(平成26年7月10日作成)

 

 

 

【関連ページ】

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の基礎知識

 ◇バレー・ルー(バレリュー)症候群の基礎知識

 ◇めまいの基礎知識

 ◇難聴・耳鳴りの基礎知識

 ◇むち打ち等による痛み・しびれ(軽度神経症状)の等級認定のポイント

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)が長期化する要因について

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)が交通事故で問題になりやすい要因

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の治療のポイント