「神経根」の用語の意味

神経根(しんけいこん, nerve root

 神経根とは、2対の神経線維(前根と後根)が脊髄から出て、椎間孔を出るまでの部分を言います。脊髄の腹側から出る前根は、運動神経線維で構成され、脳から肩、腕、手を動かす命令を伝えます。脊髄の背側から出る後根は、手で感じた感覚を脊髄へ運び、そこから脳へ連絡される知覚神経線維です。

 神経根の損傷による障害を、神経根症と言います。

BE2CD153-3F45-43ED-A4A7-6C87059A13FC.jpeg

3C36C2F7-B7E1-47D6-B7E0-65955A9A7B4D.jpeg

 

【関連ページ】

◇椎間板ヘルニア等による神経根症の基礎知識

◇むち打ち等による痛み・しびれ(軽度神経症状)の等級認定のポイント

◇しびれの症状と後遺障害等級認定