「神経細胞」の用語の意味

神経細胞(しんけいさいぼう、neuron)

 神経細胞とは、ニューロン(神経単位)とも呼ばれる神経組織を構成する細胞で、電気信号を発して情報をやりとりします。神経細胞は、大脳に数百億個、脳全体に千数百億個あるといわれています。

 神経細胞は、細胞体(核、ミトコンドリアなどで構成)、樹状突起、軸索(神経線維)の3つから成ります。樹状突起は、ほかの神経細胞から電気信号の情報を受け取り、軸索の先端部にあるシナプスと呼ばれる接合部を通してその情報をほかの神経細胞に発信します。

 

 

【関連情報】

◇労災保険の高次脳機能障害の認定基準

◇脳損傷による麻痺(身体性機能障害)の後遺障害等級

◇びまん性軸索損傷の基礎知識

◇脳挫傷の基礎知識

◇急性硬膜外血腫の基礎知識

◇急性硬膜下血腫の基礎知識

◇慢性硬膜下血腫の基礎知識

◇外傷性くも膜下出血の基礎知識

◇外傷性てんかんの基礎知識