脳挫傷の基礎知識

  交通事故では頭部への衝撃により、脳の実質に損傷を受け(脳挫傷)、高次脳機能障害などの後遺障害が残ってしまうことがあります。

 ここでは、脳挫傷の概要、症状、治療、後遺障害等級との関係について記載しています。

 

1.脳挫傷の概要

(1)脳挫傷とは

  脳挫傷とは、頭部に外力が加わることによって、脳の実質に損傷が生じることをいいます。 

  挫傷した部位は、死滅して再生しません。脳挫傷の程度は、衝撃の強弱ではなく、損傷し

 た部位の量が多いか少ないかによって決まってきます。

 

(2)脳挫傷の好発部位

  頭部のどの部分に外力を加わったかによって、脳挫傷の好発部位(よく発生する場所)は

 異なってきます。

  @前頭部を打撲→前頭葉に挫傷が生じやすい(直撃損傷※)

  A後頭部を打撲→前頭葉の先端や側頭葉の先端に挫傷が生じやすい(反衝損傷※)

  B側頭葉を打撲→直撃損傷と反衝損傷が半々に生じやすい

    ※直撃損傷:外力を受けた直下の脳が損傷を受ける場合

    ※反衝損傷:外力を受けた側の反対側の脳が損傷を受ける場合

 

 ◇頭部・脳の構造

 

2.脳挫傷の症状

  脳挫傷の症状として、意識障害が最も重視されます。意識障害のほかには、損傷を受けた

部位の障害(後頭葉の損傷の場合には視力障害など)が現れます。

 

 ◇意識障害の評価方法

 

3.脳挫傷の治療

  軽症の場合には特別な治療は必要ないとされていますが、ステロイド療法や抗けいれん剤

の投与など保存的治療が原則とされています。

 

4.後遺障害等級との関係

  脳挫傷によって生じた症状によって等級は異なってきます。

  高次脳機能障害や麻痺症状の場合は、基本的には9級以上の等級が認定されます。

 

 ◇高次脳機能障害の等級認定のポイント

 ◇脳損傷による麻痺(身体性機能障害)の後遺障害等級 

 

 

【関連ページ】

 ◇交通外傷の基礎知識

 ◇高次脳機能障害の等級認定のポイント

【関連情報・コラム】

 ◇頭部・脳の構造

 ◇軟部組織の損傷、脳震盪の基礎知識

 ◇頭蓋骨骨折の基礎知識

 ◇びまん性軸索損傷の基礎知識

 ◇急性硬膜外血腫の基礎知識

 ◇急性硬膜下血腫の基礎知識

 ◇慢性硬膜下血腫の基礎知識  

 ◇外傷性くも膜下出血の基礎知識

 ◇外傷性てんかんの基礎知識