意識障害の評価方法:3-3-9度方式(JCS)とグラスゴー・コーマ・スケール(GCS)

 交通事故で頭部を受傷したときに、意識障害が生じることがあります。

 意識障害とは、周囲の環境を認識し理解すること、その環境に対して自発的に対応・対処して合理的な話しや体を動かすこと、自己表現すること、これらのことを記憶していることが障害されている状態と定義されています。

 意識障害が時間の経過とともにどのように変化していくかを観察することが、頭部外傷の診断・治療のときには重視されています。

 意識障害の評価方法の代表的なものとして、3-3-9度方式(ジャパン・コーマ・スケール:JCS)とグラスゴー・コーマ・スケール(GCS)の2つが挙げられます。

 

1.3-3-9度方式による意識障害の分類(JCS)

 刺激を加えたときに、どの程度反応したり覚醒したりするかを調べる方法です。

      

 刺激しないでも覚醒している状態(1桁で表現)

 T

 1.大体意識清明だが、今ひとつはっきりしない

 2.見当識障害がある

 3.自分の名前、生年月日が言えない

 刺激すると覚醒する状態-刺激をやめると眠り込む(2桁で表現)

 U

 10.普通の呼びかけで容易に開眼する
 20.大きな声または体を揺さぶることにより開眼する

 30.痛み刺激を加えつつ呼びかけを繰り返すとかろうして開眼

   する

 刺激をしても覚醒しない状態(3桁で表現)

 V

 100.痛み刺激に対し、はらいのけるような動作をする
 200.痛み刺激で少し手足を動かしたり、顔をしかめる
 300.痛み刺激に反応しない

 

 

2.グラスゴー・コーマ・スケールによる意識障害の分類(GCS)

 A.開眼、B.言葉の応答、C.運動機能の3つの要素を用いて、当てはまる項目の点数を合計し、合計点数で評価するものです(最低3点〜最高15点)。 国際的な意識障害の評価方法として用いられています。

   

 大分類

小分類 

スコア 

 A.開眼

  (eye opening)

 

自発的に

言葉により

痛み刺激により

開眼しない

 E4

 E3

 E2

 E1

 B.言葉による応答

  (verbal response)

 

見当識あり

錯乱状態

不適当な言葉

理解できない声

発声がみられない

 V5

 V4

 V3

 V2

 V1

 C.運動による最良の応答

   (best motor response)

 

 

命令にしたがう

痛み刺激部位に手足を

持ってくる

四肢を屈曲する

 逃避

 異常屈曲

四肢伸展

全く動かさない

 M6

 M5

 

 

 M4

 M3

 M2

 M1

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント

 ◇高次脳機能障害の等級認定のポイント

 ◇交通外傷の基礎知識

 ◇治療先と後遺障害等級認定

【関連情報・コラム】

 ◇頭部・脳の構造

 ◇頭部軟部組織の損傷、脳震盪の基礎知識  

 ◇頭蓋骨骨折の基礎知識

 ◇脳挫傷の基礎知識 

 ◇びまん性軸索損傷の基礎知識 

 ◇急性硬膜外血腫の基礎知識 

 ◇急性硬膜下血腫の基礎知識