「症状固定」の用語の意味

症状固定(しょうじょうこてい、stabilized symptoms)

 症状固定とは、治療を続けてもそれ以上症状の改善が望めない状態とされています。

 後遺障害の等級認定で準拠している労災保険の障害認定必携には、「傷病に対して行われる医学上一般に承認された治療方法(以下「療養」という)をもってしても、その効果が期待し得ない状態(療養の終了)で、かつ、残存する症状が、自然的経過によって到達すると認められる最終の状態(症状の固定)に達したときをいう」と記載されています。

 

 

【関連ページ】

◇後遺障害等級認定のポイント

◇後遺障害診断書に記載される症状固定日について

◇労災保険の障害(補償)給付の基礎知識