一括払いと自賠責保険

 損保会社で一括払いをしていたときに、自賠責保険の存在意義は一体何なのだろうとふと感じたことがありました。

 自賠責保険は自賠法に基づく交通事故の被害者保護を目的とした制度です。

 一方で、一括払い制度は、被害者の方が自賠責保険と任意保険の2つの保険に請求する不便を避けるため、任意保険会社が自賠責保険の分を含めて、自らの判断・責任で賠償を行い、その後で立替部分を回収するというものです。

 このため、一括払いでは、自賠責保険は被害者保護のための保険という役割よりも、単なる立替部分としての役割の方が強く感じられたのだと思います。

 そして、確かに損調の担当者からすると、自賠責保険の立替部分としての役割の方が強く感じられるため、自賠責保険との関わりは、事務手続き面でも示談の面でも、結構厄介、面倒になってくると思います。

 事前認定や回収の手続きそのものが煩わしいうえに、例えば、後遺障害等級の事前認定をしても、示談しやすい等級が認定されるとは限りません(等級が高すぎたり低すぎたり)。このように損調担当者の多くは感じると思います。

 しかし、被害者の方をサポートする立場になって改めて感じたのは、自賠責保険制度はやはり交通事故の被害者保護を第一に考えてつくられたとても優れた制度だということです。

 特に被害者請求という請求方法は役立つ場面が多いと思います。

 結局のところ、自賠責保険と任意保険の2つの保険に請求する不便を避けるために導入された一括払い制度ですが、現状では、まず自賠責保険に被害者請求をして、その後に自賠責保険部分を超える損害額を任意保険に請求するというやり方が、2階建て制度本来のあり方のような感じがしています。

 

 

【関連ページ】

 ◇自動車保険のしくみ

 ◇自動車保険の請求方法

 ◇後遺症の請求方法-被害者請求と事前認定-