後遺障害等級表と認定基準

 自賠責保険の後遺障害は、下記のように障害の「系列」ごとに、1級から14級までの「序列」が決められています。

 「系列」は、2つ以上の後遺障害が残ったとき(併合)や事故前からあった障害の程度が事故により重くなったとき(加重)に、重要になることがあります

 後遺障害の認定基準は、下記のリンクからご確認できます。

 

 障害系列

系列番号

眼球
(両眼)
視力障害  1
調節機能障害  2
運動障害  3
視野障害  4
まぶた
(右又は左)
欠損又は運動障害 右5
左6
内耳等
(両耳)
聴力障害  7
耳殻
(右又は左)
欠損障害 右8
左9
欠損及び機能障害  10

咀嚼及び言語機能障害

 11
歯牙障害  12

神経系統の機能又は精神

神経系統の機能又は精神の障害

 13
頭部、顔面部、頸部 醜状障害  14

胸腹部臓器(外生殖器を含む)

胸腹部臓器の障害  15

 体

 幹

脊柱 変形又は運動障害  16
その他体幹骨

変形障害(鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨)

 17

 上

 肢

上肢
(右又は左)
欠損又は機能障害 右18
左21

変形障害(上腕骨又は前腕骨)

右19
左22
醜状障害 右20
左23
手指
(右又は左)
欠損又は機能障害 右24
左25

 下

 肢

下肢
(右又は左)
欠損又は機能障害 右26
左30

変形障害(大腿骨又は下腿骨)

右27
左31
短縮障害 右28
左32
醜状障害 右29
左33
足指
(右又は左)
欠損又は機能障害 右34
左35

 

【関連ページ】

◇自賠法施行令別表一・別表二と保険金額(支払限度額)

◇後遺障害等級認定のポイント