鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨または骨盤骨の変形障害の後遺障害等級

 体幹の後遺障害は、「脊柱の障害(変形障害と運動障害)」と「その他の体幹骨の障害」に大きく分けられます。

 このうち、下記では、「その他の体幹骨の障害」に関する後遺障害等級と対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

【自賠法施行令別表二】

12級

(5) 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの

 

※(  )内は号数を表します。例えば、12級の(5)でしたら、12級5号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が規定

  されています。

 ・「鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの」とは、裸体となった

  とき、変形(欠損を含む)が明らかに分かる程度のものをいいます。

 ・肋骨の変形は、その本数、程度、部位等に関係なく、肋骨全体を一括して1つの障害として

  取り扱うこととされています。

 ・その他の体幹骨の2つ以上の骨に、それぞれ著しい変形が認められる場合は、併合の方法

  を用いて等級を定めます。

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント   

【関連情報・コラム】

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)

 ◇骨折の基礎知識

 ◇鎖骨骨折、肋骨骨折の基礎知識  

 ◇骨盤骨折の基礎知識