聴力障害(難聴)の後遺障害等級

耳の後遺障害は、聴力障害と耳介の欠損障害に大きく分けられます。

 下記は、聴力障害(両耳と1耳)の後遺障害等級と対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

【自賠法施行令別表二】

 4

 級

(3) 両耳の聴力を全く失ったもの

 

6

(3) 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になった

もの

(4) 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では

普通の話声を解することができない程度になったもの

 

7

(2) 両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができ

ない程度になったもの

(3) 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を

解することができない程度になったもの

 

 

9

(7) 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない

程度になったもの

(8) 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、

他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度

になったもの

(9) 1耳の聴力を全く失ったもの

 

10

(5) 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない

程度になったもの

(6) 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になった

もの

 

11

(5) 両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度に

なったもの

(6) 1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができ

ない程度になったもの

 14

 級

(3) 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度に

なったもの

 

※(  )内は号数を表します。例えば、4級の(3)でしたら、4級3号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が規

  定されています。

 <両耳の聴力障害>(一例)

 ・「両耳の聴力を全く失ったもの」(4級3号)

  →@両耳の平均純音聴力レベル90dB以上   または

    A両耳の平均純音聴力レベル80dB以上、かつ、最高明瞭度30%以下   

 ・「両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度に

  なったもの」(11級5号)

  →両耳の平均純音聴力レベル40dB以上  

 <1耳の聴力障害>(一例) 

 ・「1耳の聴力を全く失ったもの」(9級9号)

  →1耳の平均純音聴力レベル90dB以上

 ・「1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になった

  もの」(14級3号)

  →1耳の平均純音聴力レベル40dB以上70dB未満

※聴力検査回数は日を変えて3回行います(検査間隔は7日程度)。

※等級認定は、原則、2回目と3回目の測定値の平均純音聴力レベルの平均で行われ

  ます。

 

 

【関連ページ】

 ◇難聴・耳鳴りの基礎知識

 ◇耳(外耳・中耳・内耳)の構造

 ◇後遺障害等級認定のポイント

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)