そしゃく障害・言語機能障害の後遺障害等級

 口の後遺障害は、そしゃく・言語機能障害と歯牙障害に分けられます。

 下記では、そしゃく・言語機能障害の後遺障害等級と対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

【自賠法施行令別表二】

10級

(3) 咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの

9級

(6) 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの

6級

(2) 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの

4級

(2) 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの

3級

(2) 咀嚼又は言語の機能を廃したもの

1級

(2) 咀嚼及び言語の機能を廃したもの

 

※(  )内は号数を表します。1級の(2)でしたら、1級2号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が規定

  されています。

 ・そしゃく機能の障害は、上下咬合および排列状態ならびに下顎の開閉運動等により、総合

  的に判断する。

 ・「咀嚼機能を廃したもの」とは、流動食以外は摂取できないものをいう。

 ・「咀嚼機能に著しい障害を残すもの」とは、粥食またはこれに準ずる程度の飲食物以外は

  摂取できないものをいう。

 ・「咀嚼機能に障害を残すもの」とは、固形食物の中にそしゃくができないものがある

  こと、または、そしゃくが十分にできないものがあり、そのことが医学的に確認できる

  場合をいう。

  イ)「医学的に確認できる場合」とは、不正咬合、そしゃく関与筋群の異常、顎関節の障害、

    開口障害、歯牙損傷(補てつができない場合)等そしゃくができないものがあること

    またはそしゃくが十分にできないものがあることの原因が医学的に確認できることを

    いう。

  ロ)「固形食物の中にそしゃくができないものがあることまたはそしゃくが十分にできな

    いのがあり」の例としては、ごはん、煮魚、ハム等はそしゃくできるが、たくあん、

    らっきょう、ピーナッツ等の一定の固さの食物中にそしゃくができないものがあること

    またはしゃくが十分にできないものがあるなどの場合をいう。

 ・「言語の機能を廃したもの」とは、4種の語音(口唇音、歯舌音、口蓋音、喉頭音)のうち、

  3種以上の発音不能のものをいう。

 ・「言語の機能に著しい障害を残すもの」とは、4種の語音のうち2種の発音不能のものまた

  は綴音機能に障害があるため、言語のみを用いては意思を疎通することができないもの

  をいう。

 ・「言語の機能に障害を残すもの」とは、4種の語音のうち1種の発音不能のものをいう。

 ・等級表に規定はありませんが、認定基準上、下記の障害が規定されています。

  イ)舌の異常、咽喉支配神経の麻痺等によって生じる嚥下障害については、その障害の

    程度に応じて、そしゃく機能障害にかかる等級を準用する

  ロ)味覚障害

    @味覚脱失:ろ紙ディスク法における最高濃度液による検査により基本4味質(甘味、

            塩味、酸味、苦味)すべてが認知できないもの→第12級を準用

    A味覚減退:ろ紙ディスク法における最高濃度液による検査により基本4味質のうち

            1味質以上を認知できないもの→第14級を準用

  ハ)声帯麻痺による著しいかすれ声については、第12級を準用する

  ホ)開口障害等を原因としてそしゃくに相当時間を要する場合は、第12級を準用する

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント

【関連情報・コラム】

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)