視力障害の後遺障害等級

 眼の後遺障害は、眼球の障害とまぶたの障害に大きく分けられます。

 このうち、眼球の障害はさらに、@視力障害、A調節機能障害、B運動障害、C視野障害の4つに分けられます。

 下記は、視力障害の後遺障害等級と対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

【自賠法施行令別表二】

 1級 (1)両眼が失明したもの
 2級

(1)1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの

(2)両眼の視力が0.02以下になったもの

 3級 (1)1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
 4級 (1)両眼の視力が0.06以下になったもの
 5級 (1)1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
 6級 (1)両眼の視力が0.1以下になったもの
 7級 (1)1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
 8級 (1)1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの
 9級

(1)両眼の視力が0.6以下になったもの

(2)1眼の視力が0.06以下になったもの

 10級 (1)1眼の視力が0.1以下になったもの
 11級  
 12級  
 13級 (1)1眼の視力が0.6以下になったもの
 14級  

 

※(  )内は号数を表します。例えば、1級の(1)でしたら、1級1号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が

  規定されています。

 ・視力の測定は、原則として、万国式試視力表によるものであること。

 ・上記表の視力とは、矯正視力をいうこと。

 ・両眼の該当する等級よりも、いずれかの眼の該当する等級が上位の場合は、その1眼のみ

    に障害があるものとみなして等級を認定すること。

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント 

 ◇眼の後遺障害等級認定のポイント 

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)

 ◇調節機能障害の後遺障害等級

 ◇眼の運動障害(複視等)の後遺障害等級

 ◇視野障害の後遺障害等級

 ◇眼の構造

 ◇眼の外傷の基礎知識