眼の調節機能障害の後遺障害等級

 眼の後遺障害は、眼球の障害とまぶたの障害に大きく分けられます。

 このうち、眼球の障害はさらに、@視力障害、A調節機能障害、B運動障害、C視野障害の4つに分けられます。

 下記は、調節機能障害の後遺障害等級と対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

【自賠法施行令別表二】

 11級 (1)両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
 12級 (1)1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの

 

※(  )内は号数を表します。例えば、11級の(1)でしたら、11級1号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が

  規定されています。

 ・「眼球に著しい調節機能障害を残すもの」とは、調節力が通常の場合の1/2以下に減じた

  場合をいいます。 

 ・調節力とは、明視できる遠点から近点までの距離的な範囲をレンズに換算した値をいい、

  ジオプトリー(D)という単位で表されます。調節力は年齢と密接な関係があります。 

 ・受傷した眼が1眼の場合は、他方の眼の調節力と比較します(他方の眼も調節力に異常

  が認められる場合は、年齢別の調節力値と比較します。両眼受傷したときも同様です)。

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント

 ◇眼の後遺障害等級認定のポイント 

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)

 ◇視力障害の後遺障害等級

 ◇眼の運動障害(複視等)の後遺障害等級

 ◇視野障害の後遺障害等級

 ◇眼の構造

 ◇眼の外傷の基礎知識