視野障害の後遺障害等級

眼の後遺障害は、眼球の障害とまぶたの障害に大きく分けられます。

 このうち、眼球の障害はさらに、@視力障害、A調節機能障害、B運動障害、C視野障害の4つに分けられます。

 下記は、視野障害の後遺障害等級と対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

【自賠法施行令別表二】

 9級 (3) 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
 13級 (3) 1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの

 

※(  )内は号数を表します。例えば、9級の(3)でしたら、9級3号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が規定されています。

 ・視野(目の前の1点を見つめて、同時に見える外界の広さ)の測定は、ゴールドマン型視野

  計によること。

 ・「半盲症」、「視野狭さく」、「視野変状」とは、V/4指標による8方向の視野の角度の合計

  が、正常視野の角度の60%以下になった場合をいいます。

※自賠責保険では、1/4半盲も半盲症として扱っていると思います。後遺障害診断書の書式も「半盲(1/4半盲を含む)」となっています。

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント   

 ◇眼の後遺障害等級認定のポイント 

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)

 ◇視力障害の後遺障害等級

 ◇調節機能障害の後遺障害等級

 ◇眼の運動障害(複視等)の後遺障害等級

 ◇眼の構造

 ◇眼の外傷の基礎知識