眼の運動障害(複視等)の後遺障害等級

 眼の後遺障害は、眼球の障害とまぶたの障害に大きく分けられます。

 このうち、眼球の障害はさらに、@視力障害、A調節機能障害、B運動障害、C視野障害の4つに分けられます。

 下記は、運動障害の後遺障害等級と対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

【自賠法施行令別表二】

 10級 (2) 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
 11級 (1) 両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの 
 12級 (1) 1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
 13級 (2) 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの

 

※(  )内は号数を表します。例えば、11級の(1)でしたら、11級1号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が

  規定されています。

 ・「眼球に著しい運動障害を残すもの」とは、眼球の注視野(頭部を固定し眼球を運動させて

  直視することのできる範囲)の広さが1/2以下に減じたものをいいます。 

 ・「複視を残すもの」とは、次のすべてに該当するものをいいます。

  @本人が複視のあることを自覚していること

  A眼筋の麻痺等複視を残す明らかな原因が認められること 

  Bヘススクリーンテストにより患側の像が水平方向または垂直方向の目盛りで5度以上離

    れた位置にあることが確認されること

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント   

 ◇眼の後遺障害等級認定のポイント 

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)

 ◇視力障害の後遺障害等級

 ◇調節機能障害の後遺障害等級

 ◇視野障害の後遺障害等級

 ◇眼の構造

 ◇眼の外傷の基礎知識