まぶたの欠損・運動障害の後遺障害等級

 眼の後遺障害は、眼球の障害とまぶたの障害に大きく分けられます。

 下記では、まぶたの障害(欠損障害と運動障害)の後遺障害等級と対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

【自賠法施行令別表二】

 9級

(4) 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

 11級

(2) 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

(3) 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

 12級 (2) 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
 13級

(4) 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの

 14級 (1) 1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの

 

※(  )内は号数を表します。例えば、9級の(4)でしたら、9級4号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が規定

  されています。

 ・「まぶたに著しい欠損を残すもの」とは、閉瞼時(ふつうにまぶたを閉じた場合)に、角膜を

  完全に覆い得ない程度のものをいいます。

 ・「まぶたの一部に欠損を残すもの」とは、閉瞼時(ふつうにまぶたを閉じた場合)に、角膜を

  完全に覆うことができるが、しろめが露出している程度のものをいいます。

 ・「まつげはげを残すもの」とは、まつげ縁(まつげのはえている周縁)の1/2以上にわたって

  まつげのはげを残すものをいいます。

 ・「まぶたに著しい運動障害を残すもの」とは、開瞼時(ふつうに開瞼した場合)に瞳孔領を

  完全に覆うものまたは閉瞼時に角膜を完全に覆い得ないものをいいます。

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント 

【関連情報・コラム】

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)

 ◇視力障害の後遺障害等級

 ◇調節機能障害の後遺障害等級

 ◇眼の運動障害(複視等)の後遺障害等級

 ◇視野障害の後遺障害等級