上肢・下肢等の醜状障害の後遺障害等級

 下記では、上肢、下肢その他の醜状障害に関する後遺障害等級とこれに対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

【自賠法施行令別表二】

14級

(4) 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

(5) 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

※(  )内は号数を表します。例えば、14級の(4)でしたら、14級4号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、醜状障害に

  ついて、下記の基準が定められています。

 ・上肢または下肢の「露出面」とは、上肢の場合は肘関節以下(手部を含みます)、下肢の

  場合は、膝関節以下(足背部を含みます)をいいます。

 ・露出面以外の醜状障害については、次のとおり定められています。

  (イ)上腕または大腿はほとんどその全域、胸部または腹部はそれぞれ各部の1/2程度、

    背部および臀部はその全面積の1/4程度をこえるものは、単なる醜状として、14級が

    認定されます。

   (ロ)両上腕のほとんど全域、両大腿のほとんど全域、胸部または腹部は各々その全域、

    背部および臀部はその全面積の1/2程度をこえるものは、著しい醜状として、12級が

    認定されます。

 ・2個以上の瘢痕が相隣接し、または相まって1個の瘢痕と同程度以上の醜状を呈する場合

    は、それらの面積等を合算して等級を認定します。

  

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント   

【関連情報・コラム】

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)