頭部、顔面部、頚部の醜状障害の後遺障害等級

 下記では、「頭部、顔面部、頚部の醜状障害」に関する後遺障害等級とこれに対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 なお、外貌醜状の等級について、平成23年5月2日に自賠法施行令が改正・施行されています。

 

【自賠法施行令別表二】 平成22年6月10日以降に発生した事故に適用されます

7級

(12) 外貌に著しい醜状を残すもの

9級

(16) 外貌に相当程度の醜状を残すもの 

12級

(14) 外貌に醜状を残すもの

 

※改正前の【自賠法施行令別表二】

7級

(12) 女子の外貌に著しい醜状を残すもの

12級

(14) 男子の外貌に著しい醜状を残すもの

(15) 女子の外貌に醜状を残すもの

14級

(10) 男子の外貌に醜状を残すもの 

 

※(  )内は号数を表します。例えば、7級の(12)でしたら、7級12号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、醜状障害に

  ついて、下記の基準が定められています。

 ・「外貌」とは、頭部、顔面部、頚部のように、上肢・下肢以外の日常露出する部分をいい

  ます。

 ・外貌における「著しい醜状を残すもの」とは、原則として、次のいずれかに該当する場合

  で、人目につく程度以上のものをいいます。

  (イ)頭部では、手のひら大(指の部分は含みません。以下同じ)以上の瘢痕または頭蓋

     骨の手のひら大以上の欠損

  (ロ)顔面部では、鶏卵大面以上の瘢痕、長さ5センチメートル以上の線状痕または10円

     銅貨大以上の組織陥没

  (ハ)頚部では、手のひら大以上の瘢痕 

 ・外貌における「相当程度の醜状」とは、原則として、顔面部の長さ5センチメートル以上の

  線状痕で、人目につく程度以上のものをいいます。 

 ・外貌における「醜状」とは、原則として、次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度

  以上のものをいいます。

  (イ)頭部では、鶏卵大面以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損

  (ロ)顔面部では、10円銅貨大以上の瘢痕、長さ3センチメートル以上の線状痕

  (ハ)頚部では、鶏卵大面以上の瘢痕

 ・2個以上の瘢痕または線状痕が相隣接し、または相まって1個の瘢痕または線状痕と同

  程度以上の醜状を呈する場合は、それらの面積、長さ等を合算して等級を認定します。

  

 

【参考ホームページ】

 ◇著しい外貌醜状についての労災障害等級表は憲法14条違反(京都第一法律事務所)

 ◇「外ぼう障害に係る障害等級の見直しに関する専門検討会」厚生労働省

 ◇京都地裁平成22年5月27日判決:裁判所ホームページ

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント   

【関連情報・コラム】

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)