鼻の欠損・機能障害(嗅覚障害等)の後遺障害等級

 鼻の後遺障害には、鼻の欠損による機能障害があります。

 下記では、鼻の後遺障害等級と対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

【自賠法施行令別表二】

9級

(5) 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの

 

※(  )内は号数を表します。9級の(5)でしたら、9級5号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が規定

  されています。

 ・「鼻の欠損」とは、鼻軟骨部の全部または大部分の欠損をいう。

 ・「機能に著しい障害を残すもの」とは、鼻呼吸困難または嗅覚脱失をいう。

 ・鼻の欠損が、鼻軟骨部の全部または大部分に達しないものであっても、これが単なる

   外貌の醜状障害の程度に達するものである場合は、男子は第14級、女子は12級とする

   こととなる。

 ・鼻を欠損しないで鼻の機能障害のみを残すものについては、機能障害の程度に応じて

   等級を定めることとなる。

  イ) 嗅覚脱失または鼻呼吸困難が存するものについては、第12級相当

  ロ) 嗅覚の減退のみが存するものについては、第14級相当

 ・嗅覚脱失と嗅覚減退については、T&Tオルファクトメータによる基準嗅力検査の認知

  域値の平均嗅力損失値により、次のように区分する。

    5.6以上       嗅覚脱失

    2.6以上5.5以下 嗅覚の減退 

  なお、嗅覚脱失については、アリナミン静脈注射(アリナミンFを除く)による静脈性嗅覚

  検査による検査所見のみによって確認しても差し支えない。

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント

【関連情報・コラム】

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)