下肢(大腿骨、脛骨、腓骨)の欠損障害・機能障害の後遺障害等級

 下肢の後遺障害は、「欠損又は機能障害」、「変形障害(大腿骨又は下腿骨)」、「短縮障害」、「醜状障害」 の4つに大きく分けられます。

 このうち、下記では、下肢の「欠損又は機能障害」に関する後遺障害等級とこれに対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

【自賠法施行令別表二】

1級

(5) 両下肢をひざ関節以上で失ったもの

(6) 両下肢の用を全廃したもの 

2級

(4) 両下肢を足関節以上で失ったもの

4級

(5) 1下肢をひざ関節以上で失ったもの

(7) 両足をリスフラン関節以上で失ったもの

5級

(5) 1下肢を足関節以上で失ったもの

(7) 1下肢の用を全廃したもの  

6級

(7) 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの

7級

(8) 1足をリスフラン関節以上で失ったもの

8級

(7) 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの 

10級

(11) 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

12級

(7) 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの  

※(  )内は号数を表します。例えば、1級の(5)でしたら、1級5号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が規定

  されています。

 ・「下肢の用を全廃したもの」とは、3大関節(股関節、膝関節、足関節)のすべてが強直した

  ものをいいます。3大関節が強直したことに加えて、足指全部が強直した場合もこれに含

  まれます。

 ・「関節の用を廃したもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

    (a) 関節が強直したもの 

    (b) 関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの 

    (c) 人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の

     1/2以下に制限されているもの

 ・「関節の機能に著しい障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

    (a) 関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもの

    (b) 人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうち、上記(c)以外のもの

 ・「関節の機能に障害を残すもの」とは、関節の可動域が健側の可動域角度の3/4以下に

  制限されているものをいいます。 

  ・関節機能障害の評価方法について → 関節機能障害の評価方法をご覧ください。

 ・下肢の動揺関節については、次の基準になっています。

    (a) 常に硬性補装具を必要とするものは、第8級に準ずる関節機能障害として取り扱う

     (b) 時々硬性補装具を必要とするものは、第10級に準ずる関節機能障害として取り扱う   

    (c) 重激な労働等の際以外には硬性補装具を必要としないものは、第12級に準ずる関節

    機能障害として取り扱う 

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント   

【関連情報・コラム】

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)

 ◇骨折の基礎知識