足指の欠損・機能障害の後遺障害等級

 足指の後遺障害として、「欠損又は機能障害」があります。 

 下記では、足指の「欠損障害」と「機能障害」に関する後遺障害等級とこれに対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

 ◇足指の図・説明(weblio辞書) 

 

1.足指の欠損障害

【自賠法施行令別表二】

5級

(8) 両足の足指の全部を失ったもの

8級

(10) 1足の足指の全部を失ったもの

9級

(14) 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの

10級

(9) 1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの

12級

(11) 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの

又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの

13級

(9) 1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの

※(  )内は号数を表します。例えば、5級の(8)でしたら、5級8号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が規定

  されています。

 ・「足指を失ったもの」とは、その全部を失ったものとされており、具体的には、中足指節間

  関節から失ったものがこれに該当します。

 

2.足指の機能障害

【自賠法施行令別表二】

7級

(11) 両足の足指の全部の用を廃したもの

9級

(15) 1足の足指の全部の用を廃したもの

11級

(9) 1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの

12級

(12) 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの

13級

(7) 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃し

たもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの

14級

(10) 1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの

※(  )内は号数を表します。例えば、7級の(11)でしたら、7級11号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が規定

 されています。

 ・「足指の用を廃したもの」とは、第1の足指は末節骨の半分以上、その他の足指は遠位指

  節間関節以上を失ったもの、または中足指節間関節もしくは近位指節間関節(第1の足指

  の場合は指節間関節)に著しい運動障害を残すものとされており、具体的には、次の場合

  が該当します。

    (a) 第1の足指の末節骨の長さの1/2以上を失ったもの 

    (b) 第1の足指以外の足指を中足骨もしくは基節骨を切断したもの、または遠位指節間関

    節もしくは近位指節間関節において離断したもの

    (c) 中足指節間関節または近位指節間関節(第1の足指の場合は指節間関節)の可動域

    が健側の可動域角度の1/2以下に制限されるもの

 ・関節機能障害の評価方法について → 関節機能障害の評価方法

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント   

【関連情報・コラム】

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)

 ◇骨折の基礎知識