上肢(上腕骨、橈骨、尺骨)の変形障害(偽関節など)の後遺障害等級

 上肢の後遺障害は、「欠損又は機能障害」、「変形障害(上腕骨又は前腕骨)」、「醜状障害」 の3つに大きく分けられます。

 このうち、下記では、上肢の「変形障害(上腕骨又は前腕骨)」に関する後遺障害等級とこれに対応する障害の内容について、自賠法施行令別表に基づいて記載しています。

 

【自賠法施行令別表二】

7級

(9) 1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

8級

(8) 1上肢を偽関節を残すもの

12級

(8) 長管骨に変形を残すもの   

※(  )内は号数を表します。例えば、7級の(9)でしたら、7級9号となります。

※自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準上、下記の点が規定

  されています。

 ・「偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの 」とは、次のいずれかに該当し、常に硬性

  補装具を必要とするものをいいます。

    (a) 上腕骨の骨幹部または骨幹端部にゆ合不全を残すもの 

    (b) 橈骨および尺骨の両方の骨幹部または骨幹端部にゆ合不全を残すもの

 ・「偽関節を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

    (a) 上腕骨の骨幹部または骨幹端部にゆ合不全を残すもので、上記(a)以外のもの

    (b) 橈骨および尺骨の両方の骨幹部または骨幹端部にゆ合不全を残すもので、上記

     (b)以外のもの 

    (c) 橈骨および尺骨の両方の骨幹部または骨幹端部にゆ合不全を残すもので、時々

     硬性補装具を必要とするもの

 ・上肢の「長管骨に変形を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

    同一の長管骨に下記の複数の障害を残す場合でも、12級8号と認定されます。

    (a) 次のいずれかに該当する場合であって、外部から想見できる程度(15度以上屈曲

    して不正ゆ合したもの)以上のもの

     @ 上腕骨に変形を残すもの

     A 橈骨および尺骨の両方に変形を残すもの(ただし、橈骨または尺骨の一方の

       変形であっても、その程度が著しいものはこれに該当します)

    (b) 上腕骨、橈骨または尺骨の骨端部にゆ合不全を残すもの

    (c) 橈骨または尺骨の骨幹部または骨幹端部にゆ合不全を残すもので、硬性補装具

         を必要としないもの

    (d) 上腕骨、橈骨または尺骨の骨端部のほとんどを欠損したもの

    (e) 上腕骨(骨端部を除く)の直径が2/3以下に、または橈骨もしくは尺骨(それぞれの

     骨端部を除く)の直径が1/2以下に減少したもの

    (f) 上腕骨が50度以上外旋または内旋変形ゆ合しているもの

 

 

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント   

【関連情報・コラム】

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)

 ◇骨折の基礎知識