障害年金の基礎知識

 怪我や病気のため、お仕事や日常生活に支障があってお困りの場合、ご加入の(ご加入していた)国民年金・厚生年金から年金または一時金が給付されることがあります。

 ここでは、障害年金の基礎知識についてまとめています。

 

1.障害年金とは

 障害年金は、国民年金・厚生年金の制度です。保険料を納めている国民年金・厚生年金の加入者の方に一定の障害が残ってしまった場合に、ご請求により、年金(障害基礎年金・障害厚生年金)または一時金(障害手当金)が支給されます。

 

2.障害年金の給付要件

 年金・一時金を受けるためには、下記の3つの要件全てを満たしていることが必要とされています。

(1)障害の原因となった傷病の初診日が、国民年金・厚生年金の被保険者期間中にあること

(2)初診日の前日までに一定の保険料を納付していること

(3)障害認定日に一定の障害が残っていること

 

3.障害年金が給付される障害

 精神、眼、聴覚、鼻腔機能、平衡機能、そしゃく・嚥下機能、言語機能、肢体、呼吸器、循環器、腎疾患、肝疾患、糖尿病、血液・造血器などの障害が対象となります。

 上記障害の程度が、政令で定められた一定の基準以上の状態にあることが必要となります。 

 

4.障害年金の給付額

(1)初診日に国民年金加入の方

@障害基礎年金1級

A障害基礎年金2級

 

(2)初診日に厚生年金加入の方

@障害基礎年金1級障害厚生年金1級

A障害基礎年金2級障害厚生年金2級

B障害厚生年金3級

C障害手当金

 

5.障害年金の請求手続き

(1)裁定請求

(2)事後重症

(3)遡及請求

 

6.障害年金受給中の主な手続き

(1)現況届

(2)額改定請求

 

7.留意するポイント

 

 

【参考ホームページ】

◇障害年金(日本年金機構)