RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)の後遺障害等級認定のポイント

1.RSDの認定基準

 交通事故による打撲等の比較的軽微な受傷によっても、受傷部位に激しい疼痛が残ってしまい、場合によっては疼痛に耐えられず切断してしまうようなケースもあります。

 労災保険の認定基準では、RSDについて、@関節拘縮、A骨の萎縮、B皮膚の変化(皮膚温の変化、皮膚の萎縮)という慢性期における主要な3つの症状が、健康な方(健側)と比べて明らかに認められる場合に限り、カウザルギーと同様の基準により、7級、9級、12級のいずれかを認定する旨定めています。

 カウザルギーについては、疼痛の部位、性状、疼痛発作の頻度、疼痛の強度と持続時間および日内変動ならびに疼痛の原因となる他覚的所見などにより、疼痛の労働能力に及ぼす影響を判断して次のように等級認定を行う旨定めています。

  

【RSDの基準】 

自賠法施行令別表第二

労災保険の認定基準 

7級4号

神経系統の機能又は精神に

障害を残し、軽易な労務以外

の労務に服することができな

いもの

軽易な労務以外の労働に常に

差し支える程度の疼痛がある

もの

9級10号

神経系統の機能又は精神に

障害を残し、服することができ

る労務が相当な程度に制限さ

れるもの

通常の労務に服することができ

るが、疼痛により時には労働に

従事することができなくなるため、

就労可能な職種の範囲が相当な

程度に制限されるもの

12級13号

局部に頑固な神経症状を残す

もの

通常の労務に服することはでき

るが、時には労働に差し支える

程度の疼痛が起こるもの

 

 

2.等級認定のポイント

 自賠責保険の実務上、診断書でRSDと診断されており、RSDに関連する症状が残っているケースについては医師に医療照会を行い、労災保険の認定基準にある、@関節拘縮、A骨の萎縮、B皮膚の変化の3要件を満たすかどうか確認します。

 @関節拘縮については、関節機能障害で評価した場合の等級(上肢の関節機能障害手指の関節機能障害下肢の関節機能障害足指の関節機能障害)を参考にします。A骨の萎縮については、X-PMRIによりその有無・程度を確認します。B皮膚の変化については、サーモグラフィー、発汗テスト等の検査結果を確認するとともに、健側と並べて撮影してもらった皮膚のカラー写真を確認します。これらすべてを総合的に評価して等級認定がなされます。

 

 

【関連ページ】

◇CRPS(複合性局所疼痛性症候群)の基礎知識

◇関節拘縮の基礎知識

◇損害保険料率算出機構とは

◇後遺障害等級認定のポイント

◇治療先と後遺障害等級認定

【関連情報・コラム】

◇後遺障害等級認定業務の概要

◇労災保険と自賠責保険の後遺障害等級の違い

◇後遺障害の等級認定に対する異議申立について

◇後遺障害診断書の作成依頼のポイント

◇後遺障害等級認定における医療照会について

◇医師の診断と自賠責保険の後遺障害認定とのギャップについて