腰椎椎間板ヘルニアの基礎知識

 交通事故によって椎間板ヘルニアそのものが生じることはあまり多くありませんが、交通事故をきっかけに、もとからあった椎間板ヘルニアによる症状が現れることはそれほど珍しいことではありません。

 ここでは腰椎椎間板の構造と働き、腰椎椎間板ヘルニアの症状、治療、後遺障害等級との関係等について記載しています。


1.腰椎椎間板の構造と働き

 腰の骨は、「腰椎」という5つの骨が重なって形成されています。椎間板はこの骨と骨との間にあって、腰が前後、左右に動いても上下の骨がずれないように、またクッションのような役割を果たしながら連結しています。  

 椎間板は、中心にゼラチン状の組織(髄核)があり、髄核の周囲を線維性の組織(線維輪)が年輪のように取り囲んでいます。髄核は水分を多く含むゲル状の物質でできており、線維輪は丈夫なコラーゲン線維からなる帯状のシートが何枚も重なった構造になっています。

DD34CFEC-D11E-4126-A989-761143737CAF.jpeg4F03F4EF-D998-4D04-8F36-7D9279EE1D47.jpeg

  

2.椎間板ヘルニアとは

 椎間板ヘルニアとは、加齢や外力によって線維輪がいたみ亀裂が入って、そこから中の髄核が飛び出すことをいいます。

 加齢による場合とは、髄核の水分が減少することで、それを取り囲む線維輪に負担がかかり、亀裂が入るというものです。この現象は、第4腰椎と第5腰椎の間、第5腰椎と仙骨の間、第3腰椎と第4腰椎の間の順に多いといわれています。

 

3.腰椎椎間板ヘルニアの症状

 髄核が飛び出して、神経根もしくは脊髄、またはその両方を圧迫すると、さまざまな症状が現れます(年代ごと、病歴ごとに症状が多彩とされています。無症状の場合もあります)。

3023020B-AC51-4083-9B21-D9D7F09BC11A.jpeg

  神経根が圧迫された場合には、障害された神経根が支配する領域に痛み、筋力低下、知覚障害等が現れます(年代によって異なるとされます)。

 

神経根
(高位)
知覚障害 腱反射低下 筋力低下
L3
(L2-3間)
大腿前面 膝蓋腱反射 大腿四頭筋
L4
(L3-4間)
大腿前面ー下腿内側 膝蓋腱反射 大腿四頭筋
前脛骨筋
L5
(L4-5間)
下腿外側ー足背内側 正常 前脛骨筋、長母趾伸筋
腓骨筋
S1
(L5-S1間)
下腿後面−足外側 アキレス腱反射 長母趾屈筋、腓腹筋

 

 脊髄が圧迫された場合には、下肢の筋力低下や知覚障害のほか、歩行障害や排尿便の障害などさまざまな障害が現れることがあります。

 椎間板ヘルニアの有無や場所(高位)は、基本的には、MRIという画像によって判断されます。このほか、下肢伸展挙上(SLR)テストラセーグテスト大腿神経伸張テスト(FNST)といった徒手的な検査が行われます。

 

4.腰椎椎間板ヘルニアの治療

 治療は保存療法が原則とされており、多くの例では約1週間の安静臥床で改善が現れてくるとされます。鎮痛消炎剤、筋緊張弛緩剤、ビタミンB12の内服や神経根ブロック、硬膜外ブロックが行われます。手術治療は後方進入ヘルニア腫瘤摘出術(ラブ変法)が代表的なものとされています。

 

5.後遺障害等級との関係

 基本的には、神経根症状の場合には12級の等級が、脊髄症状の場合には9級以上の等級が認定されます。 

 

【参考ホームページ】

◇日本整形外科学会

◇日本脊椎脊髄病学会 

【関連ページ】

◇むち打ち等による痛み・しびれ(軽度神経症状)の後遺障害等級認定のポイント

◇しびれの症状と後遺障害等級認定 

◇むち打ち症の他覚的所見(後遺症12級の要件)について

◇椎間板ヘルニア等による神経根症の基礎知識