「デルマトーム」の用語の意味

デルマトーム(でるまとーむ、dermatome)

 デルマトームとは、皮膚感覚帯とも呼ばれ、神経根ごとの皮膚表面の感覚(触覚、痛覚、温度覚)の領域を表したものです。  

 例えば、C6神経根が障害されると、親指に感覚障害が現れることが分かります。 

 

 

【参考ホームページ】

◇メルクマニュアル