「灰白質」の用語の意味

灰白質(かいはくしつ、gray matter

 灰白質とは、脊髄の切断面を見たときに中央部にH字型をして灰色に見える部分で、肩や上肢を動かす神経線維の出発点となる神経細胞があります。灰白質の外側には白質があります。

 灰白質には前角、側角、後角があり、前角には前角細胞(運動細胞)が集まっており、その軸索が前根を通って骨格筋を支配しています。後角は、後根を通って脊髄に入ってきた知覚神経線維の終末となります。

BE2CD153-3F45-43ED-A4A7-6C87059A13FC.jpeg

3C36C2F7-B7E1-47D6-B7E0-65955A9A7B4D.jpeg

 

【関連ページ】

◇脊髄症(脊髄損傷)の基礎知識

◇むち打ち症・脊髄損傷等の検査の基礎知識

◇腰部脊柱管狭窄症の基礎知識

◇脊髄の障害の等級認定のポイント