〒165-0031 東京都中野区上鷺宮3-8-22 B303

営業時間
9:00~19:00
定休日
日・祝日
03-3970-7433

E-mail:info@jikosoudan.net

骨格筋(こっかくきん、skeletal muscle)

 骨格筋とは、主に骨・軟骨・線維性結合組織(靭帯、、筋膜など)で作られている「骨格」に付着して動きをもたらす筋(いわゆる筋肉)をいい、全身に600個以上あるとされます。

 骨格筋の多くは、その両端が骨格に付着しており、身体の中心に近い方もしくは動きが少ない方を「起始」、遠い方もしくは動きが多い方を「停止」といいます。

 骨格筋は中枢神経である脊髄の指令にしたがって収縮します(随意筋)。また、骨格筋が受けとった筋の収縮などに関する感覚情報を脊髄に伝えます。

 骨格筋本体と骨格の間にはしばしばが介在し、筋の収縮力を骨や筋膜に伝え、関節の動きを起こさせます。

 1つの関節の動きには、複数の骨格筋がかかわっており、その役割により次の4つに分けられます。

 ①その動きを引き起こすもの(主動筋)

 ②その動きに抵抗し、逆の動きを引き起こすもの(拮抗筋)

 ③相対立する筋が同時に収縮することで、関節を一定の姿勢に保持するもの(固定筋)

 ④その動きを補助するもの(協力筋)

 骨格筋は主に筋原線維、その集まりである筋線維、筋線維を包む筋内膜、筋線維の束(筋束)、筋束を包む筋周膜からなり、筋上膜に包まれています。さらに骨格筋群は筋膜で包まれており、筋区画を作っています。

DA4C3067-C61B-429B-A552-C1DA8D0926C2.jpeg

 なお、筋組織には、随意筋(中枢神経の指令で収縮する筋組織)である骨格筋のほか、不随意筋(別の刺激で収縮する筋組織)である心筋(心臓の壁をつくる)と平滑筋(内臓と血管の壁をつくる)があります。

【関連情報】

◇腱の用語の意味

◇灰白質の用語の意味

◇筋電図の用語の意味

お問合せ・無料相談はこちら

お電話でのお問合せ・無料相談はこちら
03-3970-7433

営業時間:9:00~19:00
定休日:日・祝日

交通事故を中心に扱う社会保険労務士行政書士事務所です。
自賠責保険の有無責・後遺障害等級認定実務経験、損害保険会社での示談交渉・保険金支払の実務経験、開業後の長年の実務経験を生かして、事故でお困りの方が適正な後遺障害等級認定を受けられるように全力でサポートいたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。

対応エリア
いずれの業務も全国対応しております