「筋電図」の用語の意味

筋電図(きんでんず、electromyogramEMG

 筋電図とは、筋肉と神経の機能を把握するために行う検査で、筋肉、特に骨格筋の興奮(活動電位)を記録する検査をいいます。

 臨床医学では主に針電極が用いられています(針筋電図)。針筋電図では、針電極の刺入時、安静時、軽度収縮時、最大収縮時の4つの状態を記録して評価されます。

 

 

【関連ページ】

◇椎間板ヘルニア等による神経根症の基礎知識

◇上肢の神経麻痺(橈骨神経麻痺、正中神経麻痺、尺骨神経麻痺)の基礎知識