「白質」の用語の意味

白質(はくしつ、white matter

 白質とは、脊髄の切断面を見たときに白色に見える部分で、脳からの命令を手、胴、足まで伝えたり、これらの部分からの感覚を脳に送る神経線維があります。また、膀胱や直腸の働きを調節する神経線維もあります。白質の内側には灰白質があります。

BE2CD153-3F45-43ED-A4A7-6C87059A13FC.jpeg  

3C36C2F7-B7E1-47D6-B7E0-65955A9A7B4D.jpeg

【関連ページ】

◇脊髄症(脊髄損傷)の基礎知識

◇むち打ち症・脊髄損傷等の検査の基礎知識

◇腰部脊柱管狭窄症の基礎知識

◇脊髄の障害の等級認定のポイント