〒165-0031 東京都中野区上鷺宮3-8-22 B303

営業時間
9:00~19:00
定休日
日・祝日
03-3970-7433

E-mail:jiko_soudan@yahoo.co.jp

 労災事故(業務災害複数業務要因災害通勤災害 )にあってしまい、労災保険に請求する際にも、時効があります。特に、大きなお怪我をされて保険会社から先に治療費や休業補償などの支払いを受けて、労災保険への請求を後回しにする場合には注意が必要となります。

 ここでは、労災保険の時効の概要について記載しています。

 

1.時効が2年の保険給付・特別支給金

給付の名称 時効
療養(補償)給付、複数事業労働者療養給付 療養に要する費用の支出が具体的に確定した日の翌日から2年
休業(補償)給付、複数事業労働者休業給付 労働不能のため賃金を受けない日ごとにその翌日から2年
休業特別支給金 休業特別支給金の支給の対象となる日の翌日から2年
介護(補償)給付、複数事業労働者介護給付 介護(補償)給付の対象となる月の翌月の1日から2年
葬祭料・葬祭給付、複数事業労働者葬祭給付 労働者が死亡した日の翌日から2年

2.時効が5年の保険給付・特別支給金

給付の名称 時効
障害(補償)給付、複数事業労働者障害給付

傷病が治った日の翌日から5年

障害特別支給金 傷病が治った日の翌日から5年
障害特別年金 障害(補償)年金の受給権者となった日の翌日から5年
傷病特別支給金

傷病に係る療養の開始後1年6ヶ月を経過した日に一定の条件に該当する場合には同日の翌日から5年、同日後に一定の条件に該当することになった場合には該当することになった日の翌日から5年

遺族(補償)給付、複数事業労働者遺族給付 労働者が死亡した日の翌日から5年
遺族特別支給金 労働者が死亡した日の翌日から5年

お問合せ・無料相談はこちら

お電話でのお問合せ・無料相談はこちら
03-3970-7433

営業時間:9:00~19:00
定休日:日・祝日

交通事故を中心に扱う社会保険労務士行政書士事務所です。
自賠責保険の有無責・後遺障害等級認定実務経験、損害保険会社での示談交渉・保険金支払の実務経験、開業後の長年の実務経験を生かして、事故でお困りの方が適正な後遺障害等級認定を受けられるように全力でサポートいたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。

対応エリア
いずれの業務も全国対応しております