胸椎・腰椎圧迫骨折の基礎知識

 交通事故では転倒時等に胸腰椎部に大きな外力が加わって胸椎・腰椎を骨折してしまい、痛みや可動域制限等の後遺障害が残ってしまうことがあります。

 ここでは胸椎・腰椎圧迫骨折の概要、治療、後遺障害等級との関係などについて記載しています。

 

1.胸椎・腰椎圧迫骨折の概要

 胸腰椎部は脊椎損傷のなかで最も高い頻度で生じる部位といわれています(特にT11〜L2)。

 胸椎・腰椎圧迫骨折は、胸腰椎部に衝撃が加わって過屈曲し、胸椎・腰椎の前方部で骨折が生じます。そして椎体は楔状変形をきたします。

 

2.胸椎・腰椎圧迫骨折の治療

 損傷を受けた胸腰椎が安定性か不安定性かで治療法は違っています。

 軽度の圧迫骨折は安定型損傷とされ、一般的には保存療法がとられます。体部を反張して骨折部を整復し、ギプス固定または体幹装具による固定が3ヶ月ほど行われます。

 不安定型損傷と判断された場合には、原則として観血的治療がとられます。 

 

3.後遺障害等級との関係

 圧迫骨折がエックス線写真等で確認できる場合は、脊柱の変形障害として11級以上の等級が認定されます。圧迫骨折により胸腰部の可動域が参考可動域の1/2以下に制限されたときには、脊柱の運動障害として8級が認定されます。

 

 ◇脊柱の変形又は運動障害の後遺障害等級

 ◇関節機能障害の評価方法

 ◇参考可動域角度

 

 

【参考ホームページ】

 ◇脊椎椎体圧迫骨折(日本整形外科学会) 

【関連ページ】

 ◇損害保険料率算出機構とは

 ◇後遺障害等級認定のポイント

 ◇交通外傷の基礎知識 

 ◇治療先と後遺障害等級認定

 ◇骨折の基礎知識

 ◇装具の基礎知識

 ◇医師の診断と自賠責保険の後遺障害認定とのギャップについて