主な関節の参考可動域角度

 交通事故では骨折等により、関節に可動域制限の後遺障害が残ってしまうことがあります。

 可動域がどの程度制限されているかは、原則として、健側(けがのない方)の可動域と比較しますが、健側にも障害があったり、せき柱の障害の場合には、参考可動域角度と比較して後遺障害の認定が行われます。

 ここでは、自賠責保険の後遺障害等級認定で準拠している労災保険の認定基準に記載されている、主な関節の参考可動域角度を記載しています。

 

1.せき柱

 部位名

運動方向

参考可動域角度

 頚部

 屈曲(前屈)

60

 伸展(後屈)

50

 回旋(右)

60

 回旋(左)

60

 側屈(右)

50

 側屈(左)

50

胸腰部

屈曲(前屈)

45

伸展(後屈)

30

 右回旋

40

 左回旋

40

 右側屈

50

 左側屈

50

 

2.上肢

 部位名

 運動方向

 参考可動域角度

屈曲(前方挙上)

180

伸展(後方挙上)

50

外転(側方挙上)

180

内転

0

外旋

60

内旋

80

屈曲

145

伸展

5

前腕

回内

90

回外

90

屈曲(掌屈)

90

伸展(背屈)

70

橈屈

25

尺屈

55

 

3.手指 

 部位名

 運動方向

 参考可動域角度

母指

橈側外転

60

掌側外転

90

屈曲(MP)

60

伸展(MP)

10

屈曲(IP)

80

伸展(IP)

10

屈曲(MCP)

90

伸展(MCP)

45

屈曲(PIP)

100

伸展(PIP)

0

屈曲(DIP)

80

伸展(DIP)

0

※MCP:中手指節間関節、PIP:近位指節間関節

 IP:指節間関節、DIP:遠位指節間関節

 

4.下肢

 部位名

 運動方向

 参考可動域角度

屈曲

125

伸展

15

外転

45

内転

20

外旋

45

内旋

45

屈曲

130

伸展

0

屈曲(底屈)

45

伸展(背屈)

20

 

5.足指 

 部位名

 運動方向

 参考可動域角度

母指

屈曲(MTP)

35

伸展(MTP)

60

屈曲(IP)

60

伸展(IP)

0

足指

屈曲(MTP)

35

伸展(MTP)

40

屈曲(PIP)

35

伸展(PIP)

0

屈曲(DIP)

50

伸展(DIP)

0

※MTP:中足指節関節

  

  

【関連ページ】

 ◇関節機能障害の評価方法

 ◇後遺障害等級認定のポイント

 ◇脊柱の変形又は運動障害の後遺障害等級

 ◇上肢の欠損又は機能障害の後遺障害等級

 ◇手指の欠損又は機能障害の後遺障害等級

 ◇下肢の欠損又は機能障害の後遺障害等級

 ◇足指の欠損又は機能障害の後遺障害等級

 ◇交通事故後の関節可動域制限(関節機能障害)の留意点について