「腱反射」の用語の意味

腱反射(けんはんしゃ、tendon reflex)

 腱反射とは、をハンマーで叩打することで瞬間的に筋肉が収縮する現象をいいます。

 腱反射の減弱や消失は末梢神経の障害をあらわし、亢進は錐体路などの反射中枢(反射経路の中枢部分)より上位のニューロンの障害をあらわします。

 反射の出方には個人差が大きく、亢進や減弱が認められても左右対称的な場合には病的意義が少ないことが多いとされています。

11F4AE2D-08FC-4554-97BE-7A0BE4AE159A.jpeg

【関連情報】

◇むち打ち症(頚椎捻挫)の基礎知識

◇椎間板ヘルニア等による神経根症の基礎知識

◇むち打ち症の他覚的所見(後遺症12級の要件)について

◇しびれの症状と後遺障害等級認定  

◇後遺障害診断書の作成依頼のポイント