橈骨遠位端骨折(コーレス骨折、スミス骨折)の基礎知識

  交通事故では衝突時や転倒時などに前腕骨(骨、尺骨)を骨折してしまうことがあります。

 前腕骨の骨折は、骨折した部位などにより、骨幹部骨折モンテジア骨折、橈骨遠位端骨折(コーレス骨折、スミス骨折)などに分けられますが、ここでは橈骨遠位端骨折(コーレス骨折、スミス骨折)の概要を記載しています。

 

1.橈骨遠位端骨折の概要

(1)コーレス(Colles)骨折

 コーレス骨折とは、橈骨の遠位骨片が手の甲の方(背側)に転位して、フォークを伏せて置いたような変形が生じた場合を言います。

 この骨折は、手のひらをついて倒れたときに手関節の背屈を強制されて生じます。

 橈骨遠位端に走る斜骨折が特徴とされていますが、高齢者ではY字型骨折や粉砕骨折の場合が多いとされています。

 

(2)スミス(Smith)骨折

 スミス骨折とは、橈骨の遠位骨片が手のひらの方(掌側)に転位して、コーレス骨折と逆の変形を生じた場合を言います。

 この骨折は、自転車やバイクのハンドルを握ったまま倒れたときなどに起こる骨折で、手の甲をついて倒れたときなどに生じます。

 

 ◇橈骨の図・説明(weblio辞書) 

 ◇橈骨遠位端骨折(コーレス骨折・スミス骨折)の説明(日本整形外科学会)

 

2.橈骨遠位端骨折の治療

 主に徒手整復、ギプス固定が行われます。粉砕骨折や骨片が関節内に入って整復できない場合には、手術療法がとられます。

 コーレス骨折の場合には、整復が容易にできても、整復位の保持が困難であるのが特徴と言われており、このため創外固定などが行われることもあります。 

 

3.後遺障害等級との関係

 橈骨に一定の変形障害が残った場合には、8級(1上肢に偽関節を残すもの)もしくは12級(長管骨に変形を残すもの)の等級が認定されます。

 変形障害が認められない場合でも、痛みなどの症状が残った場合には、12級もしくは14級の等級が認定されることがあります。    

 

 ◇上肢の欠損又は機能障害の後遺障害等級

 ◇上肢の変形障害(上腕骨又は前腕骨の後遺障害等級

 

【関連ページ】

◇損害保険料率算出機構とは

◇後遺障害等級認定のポイント

◇交通外傷の基礎知識 

◇治療先と後遺障害等級認定

【関連情報・コラム】

◇骨折の基礎知識

◇GurltとColdwellの表(骨折の癒合日数)