「椎骨動脈」の用語の意味

椎骨動脈(ついこつどうみゃく、vertebral artery

 椎骨動脈は、脳(小脳・脳幹部)を栄養する動脈の1つです。椎骨動脈は左右対をなしていて鎖骨下動脈より分岐し、ほとんどが第6横突起孔から各横突起孔を上行し、橋延髄移行部の高さで左右の椎骨動脈が合体して1つの脳底動脈となります。

 事故などで頸椎が異常な動きを強制されると、椎骨動脈に血管障害が生じることがあり、頭重感、めまいなどの症状が引き起こされることがあります。

 

 

 

【関連ページ】

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の基礎知識

 ◇バレー・ルー(バレリュー)症候群の基礎知識

 ◇むち打ち等による痛み・しびれ(軽度神経症状)の等級認定のポイント

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)で様々な症状が現れる原因