「自律神経」の用語の意味

自律神経(じりつしんけい、autonomic nerve

 自律神経は、内臓、眼、耳、汗腺、血管を支配し、これらの臓器等の機能を調節しており、自分の意思とは関係なく働く神経で、交感神経副交感神経から成ります。

 身体諸臓器の働きは、交感神経副交感神経活動のバランスの上に行われていますが、このバランスが崩れ、支配臓器の働きに変調が生じる状態を自律神経失調症といいます。

 

 

【関連ページ】

 ◇むち打ち症(頚椎捻挫)の基礎知識

 ◇バレー・ルー(バレリュー)症候群の基礎知識

 ◇むち打ち等による痛み・しびれ(軽度神経症状)の等級認定のポイント