「星状神経節ブロック」の用語の意味

星状神経節ブロック(せいじょうしんけいせつぶろっく、stellate ganglion block)

 星状神経節ブロックとは、自律神経症状の抑制、バレリュー症候群の診断・治療を主な目的とする神経ブロックをいいます。第一胸椎横突起前面に位置する交感神経節である星状神経節に局所麻酔剤を注射します。縮瞳、眼瞼下垂、鼻閉塞感、さ声などのホルネル症状が現れたときには、効果ありと判定されます。主な合併症として、反回神経麻痺、動脈穿刺などがあります。

 

 

【関連ページ】

◇むち打ち症(頚椎捻挫)の基礎知識

◇バレー・ルー(バレリュー)症候群の基礎知識