呼吸器の後遺障害等級

 交通事故では肺などに損傷を受けてしまい、呼吸困難等の後遺障害が残ってしまうことがあります。

 ここでは、労災保険の認定基準で定められている呼吸器の後遺障害等級と認定基準を記載しています。

 

【呼吸器の後遺障害等級】

 呼吸器の障害は、原則として下記アによって判定された等級が認定されます。

 ただし、その等級が下記イまたはウにより判定された等級より低い場合には、イまたはウにより判定された等級が認定されます。

 なお、アによって3級以上に該当すると判定されたときは、イまたはウの判定を行う必要がないとされています。また、スパイロメトリーを適切に行うことができない場合は、イの判定を行う必要がないとされています。

 

ア.動脈血酸素分圧と動脈血炭酸ガス分圧の検査結果による判定

(ア)動脈血酸素分圧が50Torr以下のもの 

1級

a. 呼吸機能の低下により常時介護が必要なもの                                       

2級

b. 呼吸機能の低下により随時介護が必要なもの 

3級

c. a及びbに該当しないもの

 

(イ)動脈血酸素分圧が50Torrを超え60Torr以下のもの 

1級

a. 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲(37Torr以上43Torr以下をいう。以下同

じ。)にないもので、かつ、呼吸機能の低下により常時介護が必要なもの 

2級

b. 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないもので、かつ、呼吸機能の低下に

より随時介護が必要なもの 

3級

c. 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないもので、a及びbに該当しないもの

5級

d. a、b及びcに該当しないもの

 

(ウ)動脈血酸素分圧が60Torrを超え70Torr以下のもの 

7級

a. 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないもの                                                      

9級

b. aに該当しないもの

 

(エ)動脈血酸素分圧が70Torrを超えるのもの

11級

 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないもの                                      

 

イ.スパイロメトリーの結果及び呼吸困難の程度による判定

(ア)%1秒量が35以下または%肺活量が40以下であるもの 

1級

a. 高度の呼吸困難が認められ、かつ、呼吸機能の低下により常時介護が必要

なもの

 「高度の呼吸困難」とは、呼吸困難のため、連続しておおむね100m以上歩け

ないものをいう(以下同じ)。

2級

b. 高度の呼吸困難が認められ、かつ、呼吸機能の低下により随時介護が必要

なもの

3級

c. 高度の呼吸困難が認められ、a及びbに該当しないもの

7級

d. 中等度の呼吸困難が認められるもの

 「中等度の呼吸困難」とは、呼吸困難のため、平地でさえ健常者と同様には歩

けないが、自分のペースでなら1km程度の歩行が可能であるものをいう(以下

同じ)。

11級

e. 軽度の呼吸困難が認められるもの

 「軽度の呼吸困難」とは、呼吸困難なため、健常者と同様には階段の昇降が

できないものをいう(以下同じ)。

 

(イ)%1秒量が35を超え55以下または%肺活量が40を超え60以下であるもの 

7級

a. 高度または中等度の呼吸困難が認められるもの                                                                                   

11級

b. 軽度の呼吸困難が認められるもの                                                        

 

(ウ)%1秒量が55を超え70以下または%肺活量が60を超え80以下であるもの

11級

 高度、中等度または軽度の呼吸困難が認められるもの

 

ウ.運動負荷試験の結果による判定

11級

アおよびイによる判定では障害等級に該当しないものの、呼吸機能の低下に

よる呼吸困難がみとめられ、運動負荷試験の結果から明らかに呼吸機能に

障害があると認められるもの

  

  

【関連ページ】

 ◇後遺障害等級認定のポイント   

【関連情報・コラム】

 ◇後遺障害の系列と序列(後遺障害等級表)

 ◇胸腹部臓器の障害の後遺障害等級