「手根管」「手根管症候群」の用語の意味

手根管(しゅこんかん、carpal tunnel)/手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん、carpal tunnel syndrome)

 手根管とは、手根骨、横手根靭帯、掌側手根靭帯で形成されたトンネルで、その中を各指の浅・深指屈筋腱、長母指屈筋腱、正中神経が走行しています。

 手根管症候群は、手根骨の入口部で正中神経が絞扼、圧迫されて知覚と運動が障害されます。母指・示指・中指のしびれと痛み(特に夜間に強い痛みを伴うしびれ)、物をつまみにくい、落としやすい等が典型的な症状とされます。

 医師が手根骨を叩くと、しびれ・痛みが指先にひびきます(放散痛、ティネル様兆候)。

 症状が軽度のときは手関節の副子固定、手根管内へのステロイド剤の注射などが有効とされますが、難治の場合には、手根管を開放して圧迫物を除去する手術が検討されます。

 

 

【関連ページ】

◇上肢の神経麻痺(橈骨神経麻痺、正中神経麻痺、尺骨神経麻痺)